折畳ベビーカーにはない魅力。双子用にも好評。

5/3~8は営業,9(月),10(火)は休業。→ニュース

乳母車にしませんか?

プスプスのバスケットの中にいる子は泣きません
---それが育児が楽しくなる理由です---

赤ちゃんの機嫌が良いかどうかで育児は全く違ったものになります。

プスプス育児は手間いらず

・ベビーカーに乗りたがらず泣いて抵抗する
・ママの顔が見えなくなるとすぐに泣く
・車輪の振動、路面の照り返し、排気ガスの直撃などでいつも不機嫌
・お散歩から帰って、寝た子を抱き上げると大泣きする

プスプスならこうした問題は起きません。 なぜなら、寝る、座る、立つという3つの状況で赤ちゃんの気持ちを最優先に配慮されているからです。

寝る

赤ちゃんにとって、籐(とう)バスケットは安全で、この上なく居心地の良い空間。手足を「うーん」と伸びをして寝ることができます。 お散歩から帰って寝入っていたら、そのままそっと室内へ。赤ちゃんを起こさずにお部屋に入れてあげましょう。 お掃除やお風呂などの時も寝かせたまま移動できます。


座る

赤ちゃんがお座りができるようになるとバスケットの中で遊べます。おもちゃを入れて動く子供部屋。家の中からそのまま外へ出ることができます。対面式でいつも顔が見えるからママも赤ちゃんも安心。2人乗りもでき、兄弟や双子用に大評判です。


立つ

つかまり立ちをするようになったら安全枠を付けて楽しくお散歩。「乗せて乗せて」とせがむほど。つかまり立ち運動は発育を促進し、バランス感覚が養われます。いろいろな人に話しかけられてコミュニケーション能力が高まります。路面の照り返しや排気ガスにさらされることもありません。


少し前までの育児乗物は、ほとんどすべて乳母車(バスケット式ベビーカー)でした。折畳式が出現して、バスケット式は影をひそめていますが、赤ちゃんの乗り心地という点では、バスケット式の方が断然優れています。モノを運ぶだけの機能主義的乗物よりも、優しく包んで命を運ぶ人間的乗物のほうが赤ちゃんは好きなはずです。バスケットの中にいる赤ちゃんの笑顔がそれを証明しています。


皆が使っているから何となく折畳ベビーカーという前に「赤ちゃんにとって何が一番大切か」を考えてあげましょう。 大人の都合を優先させて、夢や愛までぺしゃんこにしてはいませんか。


プスプスなら毎日の育児が楽しくなります。あなたも乳母車にしませんか?


プスプスムービー

歩けば注目の的。
プスプス×親子の魅力を動画でご覧ください。

 new!


Tokyo Ubaguruma
乃木坂店
東京都港区赤坂9-1-26,1階
電話=0120-085241
        (おやこによい)
営業=11:00~17:30
定休=火曜日